これからはじめる!自宅でドラム練習! ホーム » スポンサー広告 » 雑記 »自宅で出来るフットワークトレーニング

スポンサーサイト  

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓↓良ければ1打お願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


↓↓こちらも↓↓

ドラム ブログランキングへ







category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自宅で出来るフットワークトレーニング  

 
これはヒールアップの踏み方を、ペダルを使わないでする、バスドラを踏む感覚をつかむための練習方法です

とても簡単なので、初心者の方は一度試してみて下さい


1.ドラム椅子に座った状態でかかとを上げてみます。するとひざも上がります。この状態ではふくらはぎに少し力が入っています

2.その状態から力を脱いて、足を落とします。かかとが床に着く時に音がします。これを繰り返します

3.次に足を落とす時、かかとが床に着く寸前で寸止めします。またこの動作を繰り返します。かかとが床に着かないので音はしません

4.次に3のモーションで、かかとを落とすタイミングの時に、爪先を一瞬少し上げて爪先で床を強くヒットします。爪先を上げる感覚は爪先でジャンプする感覚です。爪先を上げている時間はごく一瞬です。足は自然と落ちますが、その時に足首のスナップを効かせて爪先で床を踏みます。2よりアタック感の強い音が出るはずです

以上の練習をした後、ドラムセットに座り、4の床を踏む感覚でバスドラを踏んでみると、、、

大きなバスドラの音に自分でもびっくりするかもしれませんw


もうひとつ、ビーターを返す感覚をつかむもっと簡単な方法をご紹介します

それは貧乏ゆすりを利用する方法ですw

普通にドラムセットに座り足をペダルに乗せた状態でかかとを上下させて貧乏ゆすりをしますw

するとビーターが勝手に動いてバスドラを踏む動きになりますが、その時にビーターが上手く返る感覚とタイミングを見つけます

貧乏ゆすりなので上手くタイミングが合えば、貧乏ゆすりの動きでバスドラを連打することが出来ます

上記の2つの方法で、ビーターを上手く返して、強くヒットする踏み方をきっと見つけることが出来ると思います



それと繰り返しますが、ペダルの構造を理解すること

ドラムペダルのプレートを手で押さえたり離してみたり、ビーターを手で返してみたり、その手を離してみて、ビーターがどんな風に動くか、スプリングがどうなるかをよく観察してみて下さい

ペダルの構造とビーターやスプリングの動きを理解すると、フットワークを効果的に練習できると思いますので、騙されたと思って一度試してみて下さい
関連記事


↓↓良ければ1打お願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


↓↓こちらも↓↓

ドラム ブログランキングへ







category: 雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eledrum.blog.fc2.com/tb.php/63-d137239e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【これからはじめる】
ドラムって?

【これからはじめる】
機材選び

【これからはじめる】
自宅で練習

【これからはじめる】
フットワーク

【これからはじめる】
リズムパターン

【これからはじめる】
ルーディメンツ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。